最低賃金、大阪府の場合はいくらなのでしょうか?

仕事をするうえで、給料は非常に大切な要素になります。お金がないと生活ができないため、やりがいや働きがいを求める前に、最低限の生活水準を確保する必要があります。そこで、適正な給料をいただくことができているか、しっかりと確認してみましょう。

特に中小企業やベンチャー企業にお勤めの方は、管理体制が整っていなければ、大阪が定める最低賃金を下回っている企業もなかにはあります。

ちなみに、大阪府の最低賃金は「1時間909円」です。(産業によって多少の変動あり)あなたの給料が最低賃金以上であるかどうか、確認してみましょう。

(1) 時間給制の場合
時間給≧最低賃金額

(2) 日給制の場合
日給÷1日の所定労働時間≧最低賃金額

ただし、日額が定められている特定(産業別)最低賃金が適用される場合には、日給≧最低賃金額(日額)

(3) 月給制の場合
月給÷1箇月平均所定労働時間≧最低賃金額

(4) 出来高払制その他の請負制によって定められた賃金の場合
出来高払制その他の請負制によって計算された賃金の総額を、当該賃金計算期間に出来高払制その他の請負制によって労働した総労働時間数で除して時間当たりの金額に換算し、最低賃金額と比較します。

(5) 上記(1)、(2)、(3)、(4)の組み合わせの場合
例えば、基本給が日給制で、各手当(職務手当など)が月給制などの場合は、それぞれ上記(2)、(3)の式により時間額に換算し、それを合計したものと最低賃金額(時間額)を比較します。

いかがでしょうか。もし仮に、あなたの給料が最低賃金よりも低ければ、会社にそのことを伝えてみましょう。

それでも改善されないようであれば…思い切って転職することをオススメいたします。あなたの労働に見合った対価を、しっかりと払ってくれる会社をぜひ見つけてくださいね。転職を考える場合、やっぱり給料が少ないと感じて決意するパターンは多いです。女性が転職を考える場合もそう。人間関係とともに転職の動機になっています。

転職サイトは複数登録がおすすめ

転職を決意した人が登録する転職サイトですが、皆さんはどのように選んでいますか。
現在ではインターネットやスマートフォンを始めとするモバイルツールは生活に身近なものになっています。
転職も例外ではなく、転職サイトに登録するのが、一番の近道だと思われます。

転職サイトには、いろいろな種類がありますが、そのサイト独自の情報をもっているところも多くあります。
情報収集は転職において重要です。
情報収集以外にも、自己分析や意外な求人が見つかることもあるので、一つではなく複数の転職サイトに登録するのがおすすめです。

転職を始めとする求人サイトにはいろいろな利点があります。
インターネットやスマートフォンを好きな時間に見ることができるので、時間の融通が利きます。
また、履歴書や職務経歴書を郵送で応募するのとは違い、ネットだと気軽に求人に応募することもできます。
サイトで指名などを入力して送信すればいいのですから。

転職サイトはインターネット・スマートフォンでのメールのやりとりが基本なので、場所や時間の拘束も少ないのも魅力的です。
まずは自分にあった転職サイトを見つけることからはじめましょう。

例えば、東京のアパレル業界に転職したい場合を考えてみます。
そうすると、やっぱり転職サイトは一つに限るのではなく、複数登録していた方がいいです。
というのも、非公開求人というのがあって、それぞれの転職サイトでかかえています。

だから、自分の行きたいアパレルブランドももしかしたら、その非公開求人の中に入っている可能性もあるわけです。
となれば、可能性は多い方がいいですよね。
基本的に無料ですから、複数登録しておきましょう。

転職サイトでも大切なのは自分の売り込み

転職サイトはインターネットやスマートフォンで気軽に応募できるのが魅力的です。
そのため気軽に複数の企業に応募するひとがいますが、転職サイトを活用するうえで正しいことではありません。

転職サイトで応募するにしても大切なのは、自分の売り込みです。
インターネット上であっても、わたしを採用すればメリットがあることを売り込みをしなければ成功しません。

転職サイトにはスカウトメール機能を採用しているところもあります。
スカウトメールは自分を売り込む上で重要なものです。
転職サイトには自分の履歴書や職務経歴書を載せられるところもあります。
履歴書と職務経歴書は自分自身を売り込むパンフレットです。

インターネットにせっかく公開したのですから、企業からのスカウトが来てくれるようなものがいいです。
売り込みをするときは、漠然と考えずに、企業がなにを求めているのかを理解するところからはじめましょう。
転職サイトでも実際の転職活動となにも変わらないのです。

転職サイトの登録を断られるのは

コンサルタント系の会社が運営している転職サイトは様々なサービスを無料で行っています。

コンサルタント系の転職サイトでは、採用されることに重点を置いています。
転職者が採用されないと、コンサルタント企業へ報酬が支払われないのです。

そういった理由もあり、コンサルタント系の転職サイトへの登録を断られる場合もあります。
職務経験が乏しかったり、職歴の空白期間が長い。
30代を過ぎているのに、リーダーや主任経験がない人などは断られる可能性が高いです。

中途採用の転職では、職務に即戦力を意識しています。
ですから、職務経験が乏しかったりするひとは、即戦力として期待ができずに断られてしまうのです。

会社によっては、登録を受けますが、その後の連絡がないところもあります。
これは会社の管理体制を疑うべきですが、それよりも登録型より検索する転職サイトを利用するのが懸命でしょう。
無視されたり、軽く見られてもめげずに転職活動を続けましょう。

転職サイトのデメリット

転職サイトにはいろいろな種類があります。
自分で求人を探す検索だけの転職サイトもありますし、履歴書や職務経歴書・面接などのアドバイスをしてくれるところもあります。
他にもスカウトやオファーメールの登録ができるところもあります。

ハローワークや求人紙では、求人数の数はかなり低くなっています。
インターネットやスマートフォンのツールを利用できる転職サイトの重要性はますます高まっていくでしょう。

そんな転職サイトにもデメリットがあります。
アドバイスしてくれる転職サイトを例にとると、転職サイトに全てをお任せしてしまい活動をしないことです。
転職活動は空白期間がなければないほうがいいです。
しかし、アドバイスを受けるだけで満足してしまったり、企業からのスカウトを待つだけでは転職は成功しません。
デメリットを回避するには、自分から進んで動く必要があります。

もし自分に怠け癖があるかもしれないと自覚している人は、検索方の転職サイトを利用して自分から動くようにしましょう。
デメリットを理解して、自分から活動といい転職はできません。

転職サイトにおける採用者側の裏側

転職サイトにはコンサルタント系の会社が運営しているところがあります。
コンサルタント系の転職サイトでは、応募企業の紹介から仲介や履歴書・職務経歴書の書き方や転職の相談もしてくれます。
そのほとんどは無料です。
転職するひとなら、一つくらいは登録しておきたいですが、採用者側の裏側的な面もあります。

それは、コンサルタント系の転職サイトから応募した人を採用した場合は、サイト会社に報酬を支払う必要があるのです。
報酬金額は採用者の年収の約30パーセント。
これは、年収400万円の方を採用したなら、約120万円の負担が必要になります。

転職サイトの多くは無料で使うことができます。

それはコンサルタント会社は応募先の企業からの報酬を得て、無料で有益なサービスを提供してくれます。

もしも同レベルの2人が応募してきたら、コンサルタント系の転職サイトからの応募か否かは少し重要です。
一般的な転職サイトなら、支払う金額は零だからです。
全てがこうったわけではありませんが、どこで応募するかは頭の片隅には入れておきたい情報です。

転職サイトの魅力は求人数

転職サイトを選ぶ基準は人それぞれでしょう。
人によっては、検索しやすさで転職サイトを利用している人もいるでしょう。
しかし、転職サイトを選ぶ基準で重要なのは、求人数の数です。
転職活動において、どれだけ多くの求人に出会えるかが重要になってきます。

少ない求人でも転職できるひともいます。
しかし、少ない求人しか見ることができないのは、次のような問題があります。

自分の望んでいた職種や収入などの条件に合う求人が見つからなかったり、ここで決めないと希望の求人が終了してしまうという焦りもでてきたりします。
転職活動においては妥協することも大切です。
しかし、焦って転職してしまい条件の悪いところだったりすると、本末転倒で何のために転職したのかわからなくなってしまうこともあります。

求人数以外にも転職サイトを選ぶ基準はもちろんあります。

使いやすさで選ぶのもいいですし、専門の職種などを基準に特化しているのもいいでしょう。

これらを上手に活用して、あなたの転職を成功させましょう。

転職コンサルタントの転職サイトの活用法

転職のアドバイスをしてくれるコンサルタント会社の転職サイトはとても便利です。
はじめての転職でなにをしたらいいのか分からなかったり、突然会社をリストラされてしまい戸惑っている。
そういう方は、最初にコンサルタント会社運営の転職サイトに登録してみましょう。

コンサルタント会社に登録すると、面談の形で転職に関するアドバイスをしてくれます。
自分の適性や希望職種や収入・待遇を含めた転職のアドバイスはきっと役に立ちます。

コンサルタント会社を利用する利点として、非公開の求人の情報を持っていることです。
一般的な新聞やハローワークにある求人するはほんの一部です。
もちろんそういった媒体を使うのも一つの方法ですが、競争倍率は高まります。

コンサルタント会社運営の転職サイトなら、その会社独自の求人なので、競争倍率は下がります。
競争倍率が下がりますが、きちんと対策しなければいけないことに変わりはありません。
しかし、アドバイスを受け書類選考や面接に望めば、内定率はぐっと高まります。

人に聞けない転職サイト活用術

転職活動において、重要になるのが転職サイトの活用です。
転職サイトは大きく分けて、2つの種類があります。

1つは転職コンサルタント会社が運営している転職サイトです。
会社が持っている独自の情報や非公開の求人情報を公開したり、転職者からのアドバイスやコンサルタントをするのが一般的です。

2つめの転職サイトはスカウト登録をするものです。
1つめの転職コンサルタント会社もスカウト登録やオファーメール登録ができるところもあります。
違うところは求人を探したり応募したりは自分で行うところです。
スカウト登録のみのサイトは自分で検索を行うので、種類としては2つ目のほうが多いでしょう。

どちらも無料で行っているところが多く、転職者には嬉しい話です。
基本的に転職コンサルタント会社が運営しているサイトのほうが、情報量や求人数が豊富なので、一つくらいは登録してみたほうが、転職の成功に繋がるでしょう。
大切なのは、どちらのサイトの利点を理解して、活用できるかどうかにあります。

転職サイトはじっくり活用しましょう

今や3人に1人が、新卒で入社した会社を3年以内に辞める時代です。
若手からベテランまで日常的に転職が行われています。
転職サイトの活用方法も重要になってきました。

転職サイトにはアドバイスや相談を無料でしてくれるところやサイト独自の企業情報をもっているところなどいろいろな物があります。
転職サイトを活用する上で重要なのは、焦らずにじっくりと使うことです。

転職は少ない求人をみるのではなく、たくさんある求人から自分に合ったものを選ぶ必要があります。
転職サイトを使う場合は、一年くらいじっくりとスカウトメールを待ったり、応募したい企業や業種の求人を眺めるべきでしょう。
これは在職中など時間がある人にしか出来ませんが、本来焦る必要はないんです。

焦って満足できないところに転職してもすぐに辞めてしまうかもしれません。
それなら、転職せずにいたほうがいいからです。

時間をかけてじっくりと求人ページを見ていれば、ずっと求人をだしている企業もわかります。
時間に余裕のある人は起業研究に活用してみましょう。